カマグラを服用する際のポイント

カマグラを飲む時にはポイントがあります。

そのポイントをおさえて飲むことが効果を最大限発揮することにもつながります。

カマグラは50mgと、100mgが用意されています。併用が近畿となっている薬は有効成分が一緒であるバイアグラ同様でシアリスとなります。ニトログリセリン、硝酸剤や不整脈がある人が処方されているアンカロン錠、アミオダロン塩酸塩錠等も禁忌となっています。

勃起不全がある人が対象

勃起不全がないのにも関わらず服用することは禁止してください。バイアグラと同じで薬の成分が腸管から吸収されていくことになりますのでそこに内容物があれば、効果が半減してしまいますので、できるだけ空腹時に何もない状態で服用することが重要です。お腹がすいたときに服用することは効果発現に重要な意味をもたらしますので覚えておきましょう。

お酒と一緒に飲まない

性行為をする際にお酒を飲んで夜にするという人もいるかも知れないのですが、それは禁忌です。なぜならこの薬はお酒と一緒に飲むことができないからなのです。お酒を併用してもいい薬というのもあることはありますが、お酒と一緒に飲むことができないので、どのような薬であるかしっかりと知った上で飲むことが大事でしょう。

副作用もあるので注意しましょう

薬ですので、安全性が確立されていたとしても、何か副作用は必ずあります。しかしバイアグラと同じで安全面は確立されているので、それほど危険な薬ではありません。吐き気、頭痛くらいの副作用はあるかもしれませんが、それ以上の副作用があるということはないので安心してください。副作用については、発現についてもその程度についても、人によって全く違います。軽く発現する人もいれば、全く発現しない人もいますので、その程度も発現の有無も違いますので、まずは飲んでみて異変がないかどうか考えた上で継続して飲み続けるのかどうか検討してみるといいかもしれません。

稀にお茶、コーヒーやジュースで薬を飲む人がいますが、薬は基本的には白湯または水で飲むことで効果が現れますので、それ以外の飲み物で飲むことがないようにしましょう。それ以外のもので飲むことになれば、効果が半減したり正しい効果を発揮させることができないので注意が必要です。

正しい飲み方をすることでカマグラの効果である勃起不全を最大限治療することができるでしょう。治療するためにも正しく服用しましょう。